株式会社MIKKEの、イベントやクリエイティブの掲載期間、プロジェクトの終了時に行うイベイベント、 “エンドロール” のネーミングとコンセプトを担当しました。

映画終わりのエンドロール。
最高のひとときをかみしめながら、
それぞれの人が思い思にすごす時間。
流れる文字も読まず心地よい余韻に浸る人、
早く興奮を共有したくて先に出る人、
この後まだ何かあるんじゃないかとつい期待をしてしまう人、
自分の名前が刻まれ、流れ出てくるのを誇らしげに読む作り手。
いろいろな想いがそこにはある。
ひとつの終わりを味わい、
また日常に戻ってゆこう。

CAPTCHA